確定申告というものをやったことがある人は既にご存知だと思いますが、これは1年間(1月1日~12月31日)の所得を確定させて、税金を申告するというものです。申告の時期は毎年決まって2月から3月になっているので、この時期に慌ただしく確定申告を行っている経営者などをよく見かけるかと思います。この作業では、主に所得と年間の収入からの経費を税務署に提出して、その所得税を確定させることを目的としており、その目的を果たすために、領収書などを事業主は大切に保管し、管理しているわけです。

 また、確定申告は主に二種類(厳密には三種類)の方法で行うことができ、その方法には、青色申告と白色申告があります。

確定申告の種類

 白色申告の申告方法一通りと、青色申告の二通りで合わせて三通りの方法がある確定申告ですが、青色申告に関しては帳簿の記述の仕方によって65万円の控除か10万円の控除かを選択することが出来ます。一方、白色申告の場合は特別控除が無しという形になっています。これだけ聞くと、一見青色申告の65万円控除一択な気がしますが、その方法が若干複雑でもあり、その申告の労力を鑑みた時に、白色にしようという人も中にはいます。節税を考えた時は勿論青色申告の65万円の方がかなりお得になっています。

帳簿付けについての法律が変わった?

 そんな楽だと言われている白色申告ですが平成26年下らは帳簿付けに関して義務化がされました。このことから、細かい部分では手間がかかってしまうものの、もはや、税制上有利な青色申告を選んだほうが良いということにもなるかもしれません。勿論これらは、ある程度収益が上げられているとしたら、税理士に全て投げてしまうというのが最も簡単な方法ですが、もし、自分でこれらをやるのだとしたら、帳簿付けと決算書を作れる会計ソフトなどの導入でかなり楽が出来ます。

会社つくってみませんか?

色々美味しい青色申告

 そんな65万円の控除が受けられる青色申告ですが、帳簿付けと決算書の提出が必須となります。帳簿は全てのお金の流れを記録したもので、支出と収入の全てをしっかり厳密に記入しなければいけないのですが、これらは会計ソフトなどを利用すると非常に簡単に、今までの作業の半分以下で確定申告を進めることが出来るようになります。

 通常では、借方・貸方の複雑な仕訳について意識して複式簿記の帳簿付けをしなくてはならないのですが、これらのソフトであれば、特に難しいことを考えずとも自動で複式簿記の帳簿をつけることが出来ます。日々の収支と収入さえ記録していけば、非常に簡単に済ませることが出来るのです。また、青色申告の決算書も、帳簿へ記入していく内容が正確であれば一瞬のうちに作成することが可能になっています。あとはこれらの内容を印刷して税務署へと送るだけでいいので、特に難しくありません。

 そんな青色申告ですが、青色申告特別控除の他にも、青色事業専属従者給与という制度もあり、10万円から65万円までの控除だけでなく、家族への給与も経費として落とせるという素晴らしい仕組みがあり、所得があまりにも増えすぎてしまって税金面で困っているということがあれば、これらで、家族へ資金を分散させることによって大きな節税効果を生み出すことが出来ます。また、純損失の繰越控除などもあり、赤字を三年間繰り越せるといった効果もあるので、もし利益に預かれるのであれば、迷わずにこちらの青色申告を選択したほうが懸命です。

簡単で楽な白色申告

 一方個人事業主でそこまで所得が大きくない場合は白色申告の方が他に回せる時間が増えるのでお得であったりもします。この方法ですが、一日の売上合計での機長を行い、その掛売上を別けずにまとめて記入すれば良いという場合もあります。小売業の場合は、現金売上一日分の合計額を記帳すること、また納品書や請求書の控えがあれば一日の合計金額だけで大丈夫です。また仕入れにかんしては少額な現金仕入れの場合は一日の合計金額の機長と、控えがあれば一日の合計金額記帳のみでオーケーなのです。

この法定帳簿つけに関してですが、無料の会計クラウドソフトがネット上で公開されておりますので、それらを利用して付けてしまうと非常に楽です。是非利用してみましょう。

あなたも個人事業主!/h4>

所得が増えたら税理士が楽

 良く、節約の為に税理士でなく自分で会計までやってしまうという社長さんもいらっしゃったり、他にも会計専門の社員を雇ったりする人もいますが、コストの事を考えると非常に税理士は安い選択という事になる場合があります。また、税理に関して取られる手間や時間などを有効活用して更に収益を増やしていったほうが会社にとってプラスになるということもありますので、そこはしっかりと考えてどちらのほうがコストを削減できるか、金銭だけでなく時間という側面も考えに入れて計算してみましょう。

 特に良心的な税理士の場合はそこまで高い値段を取りませんので、もし、そろそろ必要かと思われたら、是非これらの便利な物を利用していきましょう。勿論一人でやっていく勇気も非常に素晴らしいことではありますが、なるべく自分がやらなくてもいいことに関しては外へと回してしまう。時間の為にお金を使うという選択肢が非常に良いということもあるのです。