事業計画書は設計図のようなもの

 新しく企業をする場合の資金調達を、優位に進めるためには、銀行や投資家から資金を調達するための判断材料が必要になってきます。そこで必要となるのがこの事業計画書というものです。勿論これは融資をうけるためだけでなく、自分自身の事業がしっかりと成功するかどうかのシュミレーションをしてみるという点でも非常に重要になってくる行為となっています。これにかんして非常に難しそうだとかんがえる人もいるかもしれませんが、そういう人には『マンガでやさしくわかる事業計画書 ダウンロードサービス付』という本が非常にオススメです。これは非常にわかりやすく事業計画書の書き方について書かれている上に、本格的な内容や実際に書いてみる上で便利なテンプレートまでついてくるので、是非、購入してみると良いかと思います。マンガと言うと、一見不まじめな感じがしてしまいますが、しっかりと理解できる内容な上、十分過ぎるものだったので、まずはこれから入ってみてください。

マンガでやさしくわかる事業計画書 ダウンロードサービス付

井口 嘉則 (著), 飛高 翔 (その他)

内容紹介

事業計画書の作り方をマンガと解説の組み合わせで学べる本です。

ストーリーの主人公は、実家の造り酒屋を継ぐことになった花垣碧、28歳。

謎の人物・小篠に教えを受けながら、7つのステップに沿って新規事業を計画し、造り酒屋の再興と町おこしを目指します。

必要な数字を入れるだけで収支が簡単に計算できる、事業収支計画

具体的に書くものとは?

 さて、そんな事業計画書ですが具体的に書いていく内容は以下の様なものとなっています。勿論、これらに明確な書式は無いので、他の人が書いたものを参考にしつつ、自分がわかりやすく、また、それを読んだ人も納得できるような形で、書き上げていきましょう。特に融資などを受ける際にはこれらの内容が客観的なデータに基づいて作られたものであり、夢物語でなく、しっかりとしたデータの裏付けがあることが求められます。そこもしっかりと調べて書いていきましょう。

会社つくってみませんか?

事業内容

 その名の通り事業の概要を書きます。読み手が、概要部分に目を通した後に事業計画を読み進めてもらえるかどうかはこの部分で決まります。基本的には最後に書いた方が良いでしょう。

企業概要

企業の経営方針/業界内で何を実現していくのかを分かりやすく伝えるパートです。あなたの企業のことを全く知らない人でも面白い企業だなと思ってもらうことがゴールです。それらに加えて、創立、創設者/出資者、経営状況、業種、法人されているのか、成長確率等も載せておきましょう。

製品とサービス

取り扱っている製品やサービスについて説明を記述します。製品提供を明示するには、消費者の必要性と利益の視点で書くことが大切です。製品やサービスの金額や消費者への提供方法等経営側の視点で書いてしまいがちなので注意して下さい。材料費や値段表等詳細データの図表も効果的です。

市場分析の概要

市場内でどのような立ち位置にいるのかの説明が必須です。事業詳細と事業動向、消費者必要性、消費需要のある場所、サービスの経路を把握していなければなりません。簡単に言うと、あなたの事業が、その業界にある価値を伝えます。勿論、競合他社に対する対応等も求められます。

戦略と実行方法

 目標とした市場、業界でどんな事業をするのか?その事業は業界内でどのような立ち位置なのか?

 そして、その立ち位置にいることで、事業が成長する訳を示します。次に、顧客がどれほどいて、それらの顧客にどのようにしてアプローチしていくのか?開発が必須なら、そうした研究開発をどのように継続していくのか、おのおのの点の概要を分かりやすく示してください。つまり、売り上げを上げるため計画と、その為に必須な予算、それによって手に入れられる成果を記述しましょう。

あなたも個人事業主!/h4>

経営概要

 事業形態、経営組織の主要人物を記述します。事業背景と経験概要、経歴書の役割で、企業の役割を示します。ちゃんとした企業概要は事業計画書に添付します。

資金計画

 最後に、製品の損益計算書や現金出納帳、スケジュール等を載せます。

大切なのは数字を出すこと

 こうした事業計画書を書いていく上でもっとも重要なのは勿論ビジョンを提示することもそうなのですが、それ以上に明確な数字を出していくという作業が非常に高いウェイトを占めてきます。これは過去の類似事業などをみて大体どの程度の利益が見込まれるのか、どの程度のコストがかかるのかといった参考になりそうなデータを検索し探してきて、それぞれに当てはめて計算してみるというものです。これによってその事業が理想的に進んた場合にどのような推移を示すのか? またアクシデントが起こった際にどのようなリカバリーが出来、その場合はどのような推移を示すのかといった全ての明確なシュミレートをする必要があるのです。

 これによって一度失敗した場合のシュミレーションをしておけば、今後同じような状況に陥った際の立ち直りのスピードも早いというメリットもありますので、しっかりと書いて、しっかりと動くか実験してみましょう。